離婚には結婚に要するエネルギーの少なくとも10倍のエネルギーを費やすと言われます。

離婚をするだけだったら,離婚届にサインをして,役所に出すだけですむはずなのに,どうして?と思われるかもしれません。

手続自体は簡単なはずの離婚が,膨大なエネルギーを要するものになっているのは,次の3つの理由があります。

1 協議事項の量の多さ

2 協議事項が重大であること

3 協議そのものが困難

逆に言うと、これらのハードルを越えさえすれば、離婚に向けた協議も、恐れることはありません。では,これらのハードルを越えるにはどうすればいいのでしょうか?